尼崎市にあるユニバーサルスペース尼崎店です。
ユニバーサルスペースは介護保険を活用した住宅改修工事を専門に行う会社です。
要介護の方はもちろん、健康な高齢者の方にもご自宅で、安全な生活を過ごせるノウハウをご提供し続けたいと思っております。
Facebook Twitter Gplus RSS
magnify

カエルの戦い 第8章

2021年4月29日

大泉首相は、中華帝国からの要請に対して、国民に信を問うことにしました。

中華帝国の要請を受けるということは、ヤンキー合衆国と決裂することです。
世論は当然二分します。

中華帝国の要請を受ける派は、経済的なメリットと軍事的脅威の削減が理由。
ヤンキー合衆国との同盟を維持する派は、民主主義と軍隊を持たなくても守ってもらえるという安心感が理由。

国は完全に二分されたのです。
戦後一貫してヤンキー合衆国に守られ、ほぼ茹でガエル状態だった国民が自分の意見をはっきりと態度に示し始めたのです。

中華帝国派とヤンキー合衆国派のぶつかり合いは、時には暴力的になることもあり、企業の中でも、中華帝国との取引きを継続させるべきだという意見と、脱中華帝国で他の国々との取引きを開始すべきだという意見が交錯し、経営者判断は難しい局面を迎えたのです。

そんな中、さくら国では民意を問うための選挙が行われました。
主題は、中華帝国とヤンキー合衆国のどちらを選ぶかといった二者択一です。

選挙戦で大泉首相は、はっきりした態度を示しませんでした。
あくまで民意に従うという立場を貫いたのです。

そして・・・選挙は、僅かながらヤンキー合衆国との同盟を維持する派が勝利。
この結果をもって、大泉首相は大胆な政策変更を実行することにしたのです。

その政策とは?

☆介護リフォームはユニバーサルスペース尼崎店にご用命下さい☆
 
 Share on Facebook Share on Twitter Share on Reddit Share on LinkedIn
コメントは受け付けていません。  comments